FXを始めてみたい方へ




FXにおいての最低証拠金維持率


6998d9s取り引きする際に最低限維持しなければならない証拠金率のことを、最低証拠金維持率といいます。取り引きの際に、最低証拠金維持率に近付いてくると、追証というものが発生し、最低証拠金維持率に達するということを警告されます。それはパソコンのEメールで届けられたり、携帯電話にメールアドレスに送ってくれるFX業者もあります。

レバレッジにおけるFXやバイナリーオプションってなんですか、という質問をよく受けます。FX取り引きにおいてレバレッジというのは、分かりやすく言い換えると、担保すなわち自分の信用を元に、所持している金額以上のFX取り引きができるようにするシステムのことです。

レバレッジを利用するにはFX業者に信用してもらわなければなりません。それがかなわないときは、担保(現金)を口座に追加して入れなければならないのです。

FX業者からの信用についての判断基準が、最低証拠金、もしくは証拠金維持率です。最低証拠金維持率30%のFX業者を利用していたとします。証拠金100万円を担保にして、300万円分の外貨を獲得する取り引きを行うとレバレッジは3倍です。

その後、外貨は10万円の値下がりで評価額は240万円となります。

証拠金維持率は

 (100万円(証拠金 )−10万円(評価損))÷300万円(購入総額)

=0.3

すなわち30%です。

これ以上値下がりすると最低証拠金維持率を下回るということが分かります。その場合、追証が発生してしまうので、FX口座に新たな現金を預け入れなければなりません。

すなわち、最低証拠金維持率が低いほど追証を求められることは少なくなり、レバレッジを使って行くのに便利だということがいえます。また、レバレッジの倍率が高いほど損失したときの金額も大きくなっていき、最低証拠金維持率を保つのが難しくなっていくのが、以上の説明で理解していただけると思います。

これはFX取り引きに限ったことではないですが、株式投資において失敗して大損を招いてしまった、という例のほとんどは、安易に利益を求めて高いレバレッジを利用してしまったからなのです。FX取り引きに慣れないうちは、利益を求めて高いレバレッジを利用しようとする際には最大限に注意しなければなりません。アイフォレックスは、最高400倍までのレバレッジを利用することが出来ます。小額で多額のリターンを狙えるという、iForexのやり方が可能なのもそれが理由です。

© 2014  FXBinaryReview.com







sdfsi 




6987