FXを始めてみたい方へ




FX取引のエントリーポイントの見付け方と考え方


6998ds9エントリーポイントにおけるfxって何:エントリーのタイミングは勝つための非常に重要な要素になっています。エントリータイミングを誤った挙句の損切後に値動きの絶好機が来て勝つチャンスを逃すなど振り返ってみると残念な結果になっている事があるのではないでしょうか。単純に損切の発生を抑えることが勝率の上昇に大きな効果を上げます。

FXの必勝ブログなどによく書かれていますが、勝ちトレーダーを目指して、基本となるテクニカル分析を着実に行った上での確固たる判断の下で勝率の高いエントリータイミングを見出してトレードを実施していく必要があります。

誤解してはいけないのは、テクニカル分析によって100%の勝率を得られる訳ではないということです。時には分析結果に反して損切りをする場合もあります。重要な事は、自分のトレードスタイルにテクニカル分析の方法を対応させる事で 損切りの回数を減らしてそれ以上の勝ちトレードを行うことにあります。

テクニカル分析は、勝ちトレーダーとしての感覚を身に着けるための基本行動と言えます。何の考えもなく感覚だけで闇雲にトレード回数を重ねるだけの不確実なトレードとは一線を画す勝てるトレードを行うための必須の活動であるということを肝に命じてください。

テクニカル分析に基づいたエントリーポイントの探し方はあいまいな部分が多いように思われますが、基準となる位置を突破した場合と目標位置での跳ね返りが観測できた場合のエントリー実施が基本になります。

参照: 「ミラートレード.com」

目標位置での跳ね返りが「移動平均線」「トレンドライン」「ボリジャーバンド」「一目均衡表の雲」等のテクニカル分析結果に基づいた順張りエントリーです。基準となる位置を突破した場合が「トレンドラインのサポートやレジスタンス」「移動平均線」 「一目均衡表の雲」「直近の安値や高値」等のテクニカル分析に基づいた逆張りエントリーになります。

注意すべき点として、エントリーするポイントの判断において「15分足では順張りとなるが、4時間足では逆張り」 というように足の長さによって順張りであったり逆張りであったりと判断に迷うケースが多々ある事だと思います。これについては自分のトレードスタイルに合ったエントリータイミングでの判断が必要になります。

例えばデイトレードが主体の場合、15分足で細かい動きを分析しつつ、 1時間足、4時間足でエントリーポイントを探すのが損切りを最小にするための基本トレード方法になってきます。

15分足と1時間足、4時間足をセットとして微細な動きと中・長期的な視点で動向を捉えてエントリータイミングを判断できるようになる事が勝ちトレーダーとなるために必要なことになります。この点からチャートが充実したFX会社を選ぶことも勝ちトレーダーとなるために重要であることがご理解頂けると思います。

© 2014  FXBinaryReview.com







sdfsi 




6987