FXを始めてみたい方へ




FXを行うときに重要な売買手数料について


sd6998dsFXをするときに必要になる手数料には二種類あることは既に書きました。それは売買手数料とスプレッドです。スプレッドとは買い値と売い値の差のことを指します。手数料について気をつけるべきことは幾つかあるのですが、おろそかにすると大きな損を被ることになります。

例えばの話になりますが、「売買手数料は1単位=500円、スプレッドは0.05円」だったとして、アメリカドル3単位、30000ドルのの取り引きを行うとすると、売買手数料は、1単位500円×3単位30000ドルで1,500円。スプレッドは、30000ドル×0.05円で1,500円。合計すると1,500円+1,500円で3,000円の手数料になります。

すなわち、通貨を買い値売い値共に同じ価格での取り引きを行ったとすると、買いのときに3,000円、売りのときに3,000円、合わせて6,000円もの手数料が掛かってくることになります。

為替差益を狙った短期による取り引きを何度も繰り返していると、そのことを失念してしまうことがしばしばありますが、売買手数料は取り引きを行うたびに発生していることを決して忘れずにいることが重要です。

そうは言っても、売買手数料が安ければ安いほど優良なFX業者なのかどうかはまた別の話になります。他のページを参照してもらえば分かることですが、自動売買ツールの使いやすさわかりやすさ、取り引き可能な通貨の種類の多さ、最大レバレッジの倍率について、スワップ金利の%はどうか、サポートについてはどうなっているのか、といったようにFX業者を比較し選択する上で注目すべき点は色々とあるのです。 約定でバイナリーオプション比較やFX比較をする場合もあります。

業者を比較する際に売買手数料の差は分かりやすい点の一つですが、それだけを基準にするのではなく、自分にとって自動売買ツールが使いやすいかどうか、自分が取り引きしたい通貨を扱っているかどうか、初心者だからサポートが充実しているかどうか、という点も良く見て自分に合ったFX業者を選択するのが良いでしょう。

また、FXの口座を開設する際には、複数開くのが基本となります。口座が使えるようになるまでにはある程度の時間を要しますし、予期せぬシステムのトラブルが発生したときは一つの口座しかないと数日の間FX取り引きが全くできないということにもなりかねません。複数口座があればそのリスクを回避することができます。

レバレッジを利用することにより、通常よりも大きな単位の金額で取り引きを行うことができ、大きな利益を狙うことができますが、それは手数料が更にかさんでしまうことでもあります。利益を狙うときには常に手数料のことも念頭に置くことが必要になります。XEマーケットは、このレバレッジが888倍と、高いことで有名です。XEMarketsのやり方は、常にユーザーの目線、立場に立ったやり方ということで、 初心者からベテランまでの幅広いレベルのトレーダーに支持されています。


© 2014  FXBinaryReview.com







sdfsi 




6987